M&Aとはなんですか

M&Aとは、Merger(合併)and Acquisition(買収)の英語の略で、企業を売ったり買ったりすることの総称をいいます。

新規事業や市場への参入、企業グループの再編や事業統合、経営が不振な企業の救済のための買収、資金手当てなどのさまざまな目的としておこなわれます。

企業を買う手法として企業を統合してしまう「合併」という手法がありますが、それほど多く採用されていません。

企業を買う手法としては、企業の株式を買うのが一般的です。

事業のご売却のご相談で特に多いのは、後継者不在の問題やご自身の高齢化、病気などで事業の継続が難しく、従業員や取引先を抱えたまま悩んでいる経営者の方が、会社を譲渡することをご検討されているケースです。

M&Aの手法としては、企業オーナー様が保有している株式を売却する株式譲渡があります。
また、複数の事業を運営されている会社で、事業部門の一部を売却することをご検討されているケースがあります。

M&Aの手法としては、事業譲渡や、会社を2つの会社に分ける会社分割を利用して、分けた会社の株式を譲渡する方法が多くみられます。

それぞれのメリット・デメリットがありますので、M&Aを検討する際には専門家に相談しておいたほうがよいでしょう。

買い手には、経営がうまく行っていて、自社に不足している経営資源を補い、事業を拡大するために買収などを検討している中小企業も少なくありません。

M&Aにはさまざまな手法があり、専門的な知識のあるM&Aアドバイザーが、目的に応じて最適な手法のご提案をし、進めていくことが一般的です。

お気軽にお問い合わせください。050-37-002299受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら