中小企業の取引における収益認識の税務と会計の実務

小林 磨寿美先生と共同で執筆いたしました「中小企業の取引における収益認識の税務と会計の実務」が税務経理協会から発刊されました(2018年8月1日)。
早速、「大阪勉強会からの税法実務情報」で公認会計士・税理士の濱田康宏先生が取り上げてていただきました。
http://taxmlcheck.jugem.jp/?eid=4559

関連記事

  1. 生活費と必要経費

  2. 競馬の払戻金

  3. 収益認識に対する会計基準への法人税の対応(2)

  4. 未払残業代の精算

  5. IPOして留保金課税を失念

  6. 努力する人

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA