【M&A後の投資費用の補助金があります】

事業承継補助金の説明会にきています。

M&A後に店舗改装、広報の強化、新設備の投資の支出をすることがあります。これらの費用のうち、最大600万円廃止をともなうものは最大1200万円まで補助金が出ます。

対象は中小企業者が対象です。

後継者不在などの事業承継がらみのM&Aが対象です。

2015年4月1日以降にM&Aしたものであり、2018年9月から12月に支出する費用が対象です。M&A後12月までに支出したものが対象です。

締め切りが8月17日、クロージングまでの期間を考えると、過去のM&Aか、7月くらいまでにクロージングを迎えそうなM&Aが現実的な対象でしょう。

2015年4月1日以後M&Aをした中小企業は検討しましょう。

関連記事

  1. 収益認識に対する会計基準への法人税の対応(2)

  2. 努力する人

  3. 与党平成30年度税制改正大綱

  4. 合併最後事業年度の被合併法人の繰越欠損金の帰属年度

  5. 「事業承継補助金(後継者承継支援型~経営者交代タイプ~)」の公募が開始されています。

  6. 税制改正関連リンク集

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA