競馬の払戻金

元大阪府寝屋川市課長が競馬の払戻金約1億6300万円を申告せず約6200万円の所得税を免れたとして所得税法違反(脱税)の罪に問われていた裁判がありました。

有罪となりました。

競馬で1億超の払戻金はすごいですね。

ところで、この裁判では、国税局査察部の脱税調査を巡り、本来の調査対象以外の銀行口座の記録を調べる「横目調査」が行われたかどうかが争点になりました。

裁判では、国税局の調査について「対象が適切な範囲に絞り込まれていたと認定することはできない」とし、違法の疑いが残ると指摘しましたが、調査が銀行側の協力を得ていることなどを踏まえ「違法の程度は重大とまでは言えない」調査手法について「違法の疑いが残る」と判示されています。

競馬の有罪判決と横目調査、どう思われましたか?

関連記事

  1. 生活費と必要経費

  2. 税制改正関連リンク集

  3. 未払残業代の精算

  4. 国税庁のホームぺージがリニューアルされて

  5. 与党平成30年度税制改正大綱

  6. 中小企業の取引における収益認識の税務と会計の実務

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA