生活費と必要経費

プロ野球・中日の森野将彦2軍打撃コーチが、中日の選手時代に名古屋国税局の税務調査を受け、2013年までの3年間で約4200万円の申告漏れを指摘されていたことが分かりました。

必要経費として認められない生活費を総収入から差し引き、事業所得を少なく申告しており、追徴税額は過少申告加算税を含め約1800万円とみられています。

必要経費とはなんでしょうか。個人事業主として税務申告する際に、事業に関係する必要経費は、費用となります。

その際に難しいのは、個人関な生活費なのか、必要経費なのかの判断です。判断は、自己判断になります。

報道によると、森野コーチは、外食費などについて栄養摂取の必要性から健康管理費としたり、旅行をプロスポーツ選手として活躍するためのトレーニングの目的である、衣服も公式性ンに出る際の移動時などに使うから業務に必要な支出である、自宅警備費・クリーニング費をプライバシーを守ったり、プロ選手として使う衣類にかかわったりする費用で業務に必要な支出と主張したようですが、否認されました。

不服審判にもいったようで、「16年5月に追徴課税取り消しを求めて審査請求したが、名古屋国税不服審判所は昨年5月の裁決で自宅の一部の減価償却費などを必要経費と認めたものの、主張の多くを退けた」と報道されています。

個人事業主様は、必要経費について、よくよく吟味する必要がありそうです。

個人事業主の必要経費について、どう思われましたか?

関連記事

  1. 中小企業の取引における収益認識の税務と会計の実務

  2. 収益認識に対する会計基準への法人税の対応(2)

  3. IPOして留保金課税を失念

  4. 競馬の払戻金

  5. 国税庁のホームぺージがリニューアルされて

  6. 「事業承継補助金(後継者承継支援型~経営者交代タイプ~)」の公募が開始されています。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA